道里夢広場 dream385h.exblog.jp

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギリギリ

タイトル名は歯ぎしりではなく、仕事の納期がギリギリとの意。
深夜三時半にブログです。
もうこのような仕事の仕方は止めよう~!と思って、、、38年。

道里夢スタッフも高齢化で私以外は朝が早い。
しかしながら、GW中に訪ねてくれた友人夫妻のお陰で
早起きになってきました。
「歳だからよ」と言われましたが深夜の就寝でも早朝に目が覚めます。

昨日は浦河から道里夢のHPを見てくださったお客様が来訪。
初対面でしたが同年代というマジックが人生劇場を披露!

先日も道里夢を大切にしてくださるご夫妻が一年ぶりにご来訪。
4時間程の滞在で、ほぼノンストップ状態で話が弾み、マジックショーを皆で体感。

これからが変化の時代。
待ったなしであ~る。
自分の人生であ~る。
人生劇場の観客数が減ったとしても良いのであ~る。
、、、このフレーズも昔の若者でした、、、(^^;)
ではでは、仮眠します。
おやすみなさい。
f0203638_3531275.jpg

[PR]
by dream385 | 2016-05-29 03:54 | 陶芸 | Comments(2)

少し凸に、、、

ネットが本当に怖いのだろう。
凹んだ日から数日待って、ネットに近寄らせたら、、、
「やめてくれ~!」と隠れた後の涙目には降参です。
f0203638_21441253.jpg


ピントブレですが、新作の「愛ニャン猫ainyanko」のモデルはこのポーズから。
f0203638_21442450.jpg

f0203638_2157975.jpg


最近、寝る前にしがみつくようになりました。
f0203638_21443538.jpg



勝手な思い込みかもしれないけれど、
「人間が怖い、、、だから貴方だけは信じさせて、、、」

生まれた時から人間に愛されてきた猫との違いを
友人宅の猫と触れ合った時、強く感じた。

去勢をしないと先に進めない。
私が焦らずに進まなければ。

本日は猫三昧デシタ。

creema / minneに開店いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします!
[PR]
by dream385 | 2016-05-24 22:14 | 日誌 | Comments(2)

凹ます。

f0203638_1215020.jpg
本日は2回目の去勢手術予約日。
朝から胸の高鳴りを抑え平常心でと努力しましたが、マメは昨夜から?と警戒していました。
動物病院から「前日の夜から食事は×、お水も朝の8時以降は与えないで」と言われているので、そのようにする私の行動に疑心暗鬼で見つめるマメ。
いよいよ、出発の時間が迫り、腕の中でゴロゴロ喉を鳴らすマメをネットに入れた途端、、、2月と同様に大暴れで流血覚悟の捕物帳が終わりました。
くたくたです。
ネットに入れるという罪悪感が原因です。
良薬は口に苦し、と心の奥底から感ずる力が不足。
キャリーで連れていける病院を探すことにします。
マメを触れるようになってから、体の隅々をチェックした時、小さい頃に怖い思いをしたことが分かりました。
袋やネットをとても怖がる理由を想像するだけでネットに入れることを怖気ずく私です。

友人夫妻が昨夜到着。
今日の日の為に宿泊も遠慮していただき、去勢後のマメと対面する予定でした。
今夜から友人二泊ステイで、マメはどう変化するのか?
人馴れして多くの愛を受けられるマメにするために努力したい。
2016年5月7日の後悔日誌、終わり。
f0203638_1542166.jpg
ブルーベリーの蕾
f0203638_1544594.jpg
道里夢広場の老木「こぶし」今年も綺麗に花を咲かせてます。
f0203638_155135.jpg

[PR]
by dream385 | 2016-05-07 12:37 | 日誌 | Comments(2)

始動

f0203638_0323784.jpg
f0203638_0324942.jpg

キジトラ「マメ君」なかなか面白い性格です。


本日は父の三回忌。
久しぶりに父の好きだった麒麟麦酒を飲んで、、、酔いました。
カボチャの馬車が去った後、漸く酔いが醒めてブログをチェックすると「とるとるさん」からコメントが!

すみませ~ん!
本当に猫の目状態で過ごしていました~~
webショップ(creema)を始めて1ヶ月半、先日は2店舗目(minne)をオープンしましたのでどうぞ遊びにいらしてくださいね。

仕事復帰も始動!
同年代はリタイヤの時期を迎える中、私は突然に「毛深い子供」と同居?
母子生活を支える為にも母さんはがんばるぞ~!

今日は父の思い出を沢山語り、幸せな一日でした。
[PR]
by dream385 | 2016-05-01 01:08 | 日誌 | Comments(2)